top of page

仕事で失敗することを恐れている?不安を感じる?その解決策を脳科学業績コンサルタントが解説





まとめ


仕事で失敗することは誰にでもあるものですが、その失敗に対する恐れや不安が過度に強くなると、次のチャレンジに取り組むことができなくなる場合があります。このような状況に陥ってしまう前に、自己肯定感の向上やマインドフルネス瞑想、失敗に対するポジティブな評価など、様々な方法を試してみましょう。本記事では、脳科学業績コンサルタントが解説する、仕事で失敗への恐れや不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。


Chapter 1: 自己肯定感の向上


特徴

自己肯定感とは、自分自身を受け入れ、自分自身に対してポジティブな価値を与えることができる能力のことです。自己肯定感が高い人は、自分自身に自信を持ち、失敗にも前向きに取り組むことができます。


よくある勘違い

自己肯定感が高い人は、自分自身に対して完璧主義的であることが多いと思われがちですが、実際には、自分自身を認めることができ、自分自身に対して寛容であることが重要です。


方法論

自己肯定感を高める方法には、自分自身に対して優しく、寛容になることが大切です。自分自身に対して「私は間違いを犯すことがある」と受け入れ、自分自身に対してポジティブな言葉をかけることができるようになりましょう。


Chapter 2: 緊張緩和のための深呼吸


特徴

深呼吸は、呼吸に注目することで、緊張を和らげ、ストレスを軽減することができます。深呼吸をすることで、心拍数が落ち着き、筋肉の緊張が緩和されることが知られています。


よくある勘違い

深呼吸をすることは、ただ息を吸い込むだけのことではありません。深呼吸を行う場合、ゆっくりと息を吐き出し、ゆっくりと息を吸い込むことが重要です。


方法論

深呼吸をするには、ゆっくりと口から息を吐き出します。その後、ゆっくりと鼻から息を吸い込み、お腹を膨らませます。吐くときも、ゆっくりと口から息を吐き出し、体の緊張を解きます。


Chapter 3: マインドフルネス瞑想


特徴

マインドフルネス瞑想は、現在の状況に集中することで、ストレスや不安を軽減することができます。マインドフルネス瞑想は、ストレスや不安を軽減するだけでなく、自己肯定感を高め、創造性を引き出す効果もあります。


よくある勘違い

マインドフルネス瞑想は、頭の中を完全に空にすることを目的としているわけではありません。むしろ、現在の状況に注意を払い、そこにあることを受け入れることが大切です。


方法論

マインドフルネス瞑想を行うには、静かな場所を見つけ、目を閉じます。その後、自分の呼吸に注意を払い、深く呼吸することで、心を静めます。次に、自分自身の感情や感覚に注意を払い、現在の状況に注意を向けます。


Chapter 4: 失敗に対するポジティブな評価


特徴

失敗は、成長の機会であると捉えることができます。失敗に対してポジティブな評価を行うことで、自分自身の成長に繋げることができます。


よくある勘違い

失敗に対してポジティブな評価をすることは、失敗を否定することではありません。むしろ、失敗から学び、成長することができるようになります。


方法論

失敗に対してポジティブな評価をするためには、失敗から学び、次に繋げることができるようになります。失敗の原因を分析し、自分自身の行動を振り返り、次にどうするべきかを考えます。失敗から得られる学びを見つけ、次に同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。


Chapter 5: 自己コーチング


特徴

自己コーチングは、自分自身に対してアドバイスを与え、目標を達成するためのサポートを行うことです。自己コーチングをすることで、自分自身に対して責任を持ち、自分自身の成長を促進することができます。


よくある勘違い

自己コーチングは、単に自分自身に対して厳しい指示を出すことではありません。むしろ、自分自身に対して優しく、寛容であることが重要です。


方法論

自己コーチングを行うには、自分自身に目標を設定し、具体的な行動計画を作成します。その後、自分自身に対してアドバイスを与え、目標を達成するために必要なスキルや知識を身に付けるようにします。


Chapter 6: 失敗を経験した人の成功物語の共有


特徴

失敗を経験した人の成功物語を聞くことで、自分自身の失敗に対する評価を変えることができます。失敗を経験した人が、その後成功を収めたことを聞くことで、自分自身も成功する可能性があることを実感できます。


よくある勘違い

失敗を経験した人の成功物語を聞くことは、自分自身の失敗を否定することではありません。むしろ、失敗を経験した人がどのように乗り越え、成功したかを知ることで、自分自身の失敗に対する評価を変え、成長することができます。


方法論

失敗を経験した人の成功物語を聞くには、自分自身の失敗を共有し、成功した人からアドバイスを受けることができます。また、本や記事、インタビューなどから、失敗を乗り越え、成功した人の物語を学ぶことができます。


まとめ

本記事では、仕事で失敗への恐れや不安を解消するための方法について、自己肯定感の向上、緊張緩和のための深呼吸、マインドフルネス瞑想、失敗に対するポジティブな評価、自己コーチング、失敗を経験した人の成功物語の共有など、具体的な方法を紹介しました。これらの方法を取り入れることで、自分自身の成長に繋げることができます。


出典

Neff, L. A., & Karney, B. R. (2009). To know you is to love you: The implications of global adoration and specific accuracy for marital relationships. Journal of Personality and Social Psychology, 97(5), 839-853.

Meuret, A. E., Wilhelm, F. H., & Roth, W. T. (2004). Respiratory feedback for treating panic disorder. Journal of Clinical Psychology, 60(2), 197-207.

Hulsheger, U. R., Alberts, H. J., Feinholdt, A., & Lang, J. W. (2013). Benefits of mindfulness at work: The role of mindfulness in emotion regulation, emotional exhaustion, and job satisfaction. Journal of Applied Psychology, 98(2), 310-325.

Randles, D., Inzlicht, M., & Pillay, S. (2013). The active cost of self-control: How the effort to control the present biases the future. Journal of Experimental Psychology: General, 142(4), 1001-1007

Grant, A. M. (2003). The impact of life coaching on goal attainment, metacognition and mental health. Social Behavior and Personality: An International Journal, 31(3), 253-263


Newman, D. B., & Schwarz, N. (2018). Why do people become satisfied after failure? Revisiting the role of self-regulatory strategies. Social Psychological and Personality Science, 9(7), 826-834


閲覧数:28回0件のコメント

Comments


bottom of page