top of page

チームマネジメントが難しい!どうすればいい?そんな社会人のための解決策トップ6を脳科学業績コンサルタントが解説!



まとめ


チームマネジメントは、組織において重要な要素の1つです。しかし、チームをマネジメントすることは簡単なことではありません。そのため、本記事では、脳科学業績コンサルタントの視点から、チームマネジメントにおける6つの解決策について解説します。


Chapter 1: チームビルディング活動を実施する


特徴

チームビルディング活動は、チームの協調性やコミュニケーション力を向上させるためのプログラムです。チームビルディング活動には、アイスブレイクやコミュニケーションゲーム、アウトドア活動などが含まれます。


よくある勘違い

チームビルディング活動は、楽しい時間を過ごすためのイベントだと考えられています。しかし、本来の目的は、チームの協調性やコミュニケーション力を向上させることです。


方法論

チームビルディング活動を実施する場合は、以下のポイントに注意してください。

  • チームメンバー全員が参加できるように、日程調整を行う。

  • 活動内容をチームメンバーに事前に共有する。

  • アイスブレイクなどの簡単な活動から始め、チームメンバー同士の信頼関係を構築する。

  • アクティブな活動から始め、最後に落ち着いた活動を行う。

  • 活動後には、振り返りの時間を設け、活動の振り返りや今後の課題を話し合う。

Chapter 2: 目標設定を行う


特徴

目標設定は、チームメンバーが共通の目的を持ち、その達成に向けて協力するための手法です。目標は、明確かつ具体的であることが重要です。


よくある勘違い

目標設定は、上司がチームメンバーに目標を与えることだと考えられています。しかし、本来の目的は、チームメンバーが共通の目的を持つことで、自発的に協力し、目標達成に向けたアクションを起こすことです。


方法論

目標設定を行う場合は、以下のポイントに注意してください。

  • 目標は、明確かつ具体的であることが重要です。

  • チームメンバー全員が理解し、同意することが必要です。

  • 目標達成に必要なタスクを明確にし、担当者を決定する。

  • 目標達成の進捗状況を定期的に共有し、振り返りの時間を設ける。

Chapter 3: フィードバックを提供する


特徴

フィードバックは、チームメンバーが持つ能力や行動に対して、具体的なアドバイスや評価を提供することで、チームメンバーの成長を促す手法です。


よくある勘違い

フィードバックは、ネガティブな評価を行うことだと考えられています。しかし、フィードバックは、ポジティブな評価を行うことも含まれます。


方法論

フィードバックを提供する場合は、以下のポイントに注意してください。

  • 具体的かつ具体的な評価を行うことが重要です。

  • ポジティブな評価も含め、バランスの取れたフィードバックを行うことが必要です。

  • フィードバックは、適宜提供することが必要です。

  • フィードバックは、プライベートな場所で行うことが望ましいです。

Chapter 4: ランダムチェックを行う


特徴

ランダムチェックは、チームメンバーが予期せず監視されることで、意識を高め、遵守性を高めることが目的です。


よくある勘違い

ランダムチェックは、チームメンバーに対する信頼がないことを示すものだと考えられています。しかし、ランダムチェックは、遵守性を高めるための手法であり、信頼関係を構築するための手法でもあります。


方法論

ランダムチェックを行う場合は、以下のポイントに注意してください。

  • ランダムチェックは、予告せず、適宜行うことが重要です。

  • チームメンバー全員に均等にチェックが行われるよう、ルールを定める必要があります。

  • チェックの結果は、フィードバックとして提供することが望ましいです。

Chapter 5: 役割分担を明確にする

特徴

役割分担は、チーム内での役割と責任を明確にすることで、チームの生産性を高めるための手法です。


よくある勘違い

役割分担は、上司が与えた役割を担当することだと考えられています。しかし、チームメンバーが自発的に役割を受け入れることが重要です。


方法論

役割分担を行う場合は、以下のポイントに注意してください。

  • 役割と責任を明確にし、チームメンバー全員が理解し、同意することが必要です。

  • 役割に応じた能力やスキルを持つチームメンバーを選定することが重要です。

  • 役割分担の進捗状況を定期的に共有し、振り返りの時間を設ける。

Chapter 6: ミーティングを定期的に開催する

特徴

ミーティングは、チーム内での情報共有や問題解決のための場です。


よくある勘違い

ミーティングは、情報共有だけが目的だと考えられています。しかし、問題解決や意見交換など、目的に応じて様々な形式のミーティングがあります。


方法論

ミーティングを開催する場合は、以下のポイントに注意してください。

  • ミーティングの目的とアジェンダを明確にし、参加者に共有することが重要です。

  • 参加者全員が話しやすい雰囲気を整えることが必要です。

  • ミーティング後には、アクションプランを共有し、進捗状況を共有する。

まとめ

チームマネジメントには、多くの課題がありますが、本記事で紹介した6つの解決策を実践することで、チームの生産性や協調性を向上させることができます。チームビルディング活動、目標設定、フィードバック提供、ランダムチェック、役割分担、定期的なミーティングの実施は、チームメンバーのモチベーションを向上させ、チーム内の信頼関係を構築することができます。


出典

  • Salas, E., Rozell, D., Mullen, B., & Driskell, J. E. (1999). The effect of team building on performance: An integration. Small Group Research, 30(3), 309-329.

  • https://doi.org/10.1177/104649649903000301

  • Locke, E. A., & Latham, G. P. (2002). Building a practically useful theory of goal setting and task motivation: A 35-year odyssey. American Psychologist, 57(9), 705-717.

  • https://doi.org/10.1037/0003-066X.57.9.705

  • Kluger, A. N., & DeNisi, A. (1996). The effects of feedback interventions on performance: A historical review, a meta-analysis, and a preliminary feedback intervention theory. Psychological bulletin, 119(2), 254-284.

  • https://doi.org/10.1037/0033-2909.119.2.254

  • Jackson, S. E., & Schuler, R. S. (1985). A meta-analysis and conceptual critique of research on role ambiguity and role conflict in work settings. Organizational behavior and human decision processes, 36(1), 16-78.

  • https://doi.org/10.1016/0749-5978(85)90036-1

  • Morgeson, F. P., & Humphrey, S. E. (2006). The Work Design Questionnaire (WDQ): Developing and validating a comprehensive measure for assessing job design and the nature of work. Journal of Applied Psychology, 91(6), 1321-1339.

  • https://doi.org/10.1037/0021-9010.91.6.1321

  • Allen, T. D., Eby, L. T., & O'Brien, K. E. (2006). The state of mentoring research: A qualitative review of current research methods and future research implications. Journal of Vocational Behavior, 69(1), 119-132.

  • https://doi.org/10.1016/j.jvb.2005.09.003


閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page